古希のお祝いをしない方がいいと言われる理由5つ!NGなプレゼントとおすすめのお祝いを紹介♪

当ページのリンクには広告が含まれています。
古希のお祝いをしない方がいいと言われる理由。NGなプレゼントとおすすめのお祝い

「古希のお祝いをしない方がいい」と言われる理由5つと、NGなプレゼントをご紹介します。

古希は70歳を迎えることを祝う日本の伝統的な長寿祝いの一つですが、「古希のお祝いをしない方が良い」と言われていることもあります。

以下がその理由です。

「古希のお祝いをしない方が良い」と言われる理由
  • 早死にするという迷信
  • 年寄り扱いを嫌がるため
  • 厄年と重なるため
  • 自分で祝うべきとされるため
  • 日本由来のお祝いではないため

上記の理由から古希のお祝いを嫌がられる場合もありますが、ご本人が喜んでお祝いを受け入れる場合はあえてお祝いを避ける必要はありません。

ただ、古希のお祝いをする場合にNGなプレゼントもあるので気をつけましょうね。

ゆず

本記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください!

目次

古希のお祝いをしない方がいいと言われる理由5つ!

70歳を迎えることを祝う日本の伝統的な長寿祝いの一つである古希。その由来は、中国の詩人杜甫の詩「人生七十古来稀なり」にあります。

これは「70歳まで生きるのは稀である」という意味で、70歳まで長生きすることがいかに特別なことであるかを示しています。

このお祝いは江戸時代から行われてきましたが、現代では様々な理由から祝うことを避ける傾向も見られます。

以下にその理由5つを詳しく解説していきますね。

1. 早死にするという迷信

古希のお祝いをすると早死にするという迷信があります。

この迷信の根拠は科学的には証明されていませんが、心理的な影響を考慮すると、年齢を強調することで老いを実感し、精神的に落ち込む可能性があります。

特に、迷信を信じる本人や家族がいる場合は、無理にお祝いをすることは避けた方が良いとされています。

2. 年寄り扱いを嫌がるため

現代の70歳は、過去と比べて健康で若々しい人が多く、年寄り扱いされることを嫌がる人も増えています。

長寿祝いが「老い」を強調するものとして受け取られ、不快感を与える可能性があります。

そのため、本人が望まない場合は、古希を祝うことは控えた方が良いとされています。

3. 厄年と重なるため

70歳は男性も女性も厄年にあたり、日本の伝統では厄年には厄払いをする習慣があります。

厄年には本人が厄を払うために周囲にご馳走をふるまうという風習があり、周囲から祝われることは厄払いと矛盾するという考えがあります。

このため、厄年にあたる古希の祝いは控えた方が良いとする意見もあります。

4. 自分で祝うべきとされるため

歴史的には、古希のお祝いは本人が主催するものでした。

本人が家族や友人を招待して祝いの場を設けるのが一般的であったため、周囲が率先してお祝いすることは好ましくないと考えられてきました。

この伝統を重視する場合、本人が主催しない限り、祝うべきではないという考えが残っています。

5. 日本由来のお祝いではないため

古希の由来は中国の詩であり、日本独自の文化ではありません。

そのため、日本の伝統的な祝い事としては馴染みが薄いと感じる人もいます。

還暦や喜寿など日本独自の長寿祝いと比較すると、古希は祝うべきではないと考える人もいます。

古希を祝わない方がいいケースは?

前記の5つの理由を踏まえると、以下のような場合には古希のお祝いを控えた方が良いでしょう。

本人が祝いたくないと明言している場合

迷信や年寄り扱いを嫌がるなど、本人が強く祝いたくないと感じている場合は、無理にお祝いをしないことが大切です。

家族や身内が迷信を信じている場合

家族や身内が「古希のお祝いは早死にを招く」といった迷信を信じている場合、その感情を尊重してお祝いを控える方が良いでしょう。

厄年に敏感な場合

本人や家族が厄年を重視し、厄払いを大切に考えている場合、古希のお祝いは避けた方が良いかもしれません。

自分で祝いたいと考えている場合

伝統に則り、本人が自分で祝いの場を設けたいと考えている場合は、主催者を本人に任せることが望ましいです。

文化的な背景を重視する場合

日本独自の祝い事を大切にしたいと考える場合、古希よりも還暦や喜寿などの日本由来の祝い事を優先することがあります。

古希のお祝いをする場合の注意点

もし古希のお祝いをする場合でも、以下の点に注意することが重要です。

本人の意向を尊重する

最も重要なのは、70歳を迎える本人の意向です。

本人が喜んでお祝いを受け入れる姿勢であるかどうかを確認し、それに応じた対応を取ることが大切です。

控えめなお祝いを心掛ける

派手なパーティーではなく、家族だけの食事会など、控えめなお祝いにすることで、本人の気持ちに寄り添った形で祝うことができます。

前むきなメッセージを贈る

お祝いの言葉やメッセージは、前向きでポジティブな内容にすることで、相手が喜びを感じられるようにしましょう。

プレゼントに工夫を凝らす

年齢を感じさせないようなプレゼントを選ぶことも大切です。

趣味に関連するものや実用的なもの、思い出に残る体験型のギフトなどが良いでしょう。

古希のお祝いにNGなプレゼントは?

古希は70歳を祝う特別なイベントですが、贈り物には慎重さが求められます。

以下に古希のお祝いにNGなプレゼントの例とその理由も解説していきますね。

縁起が悪いもの

  • ハサミや刃物類: これらは「縁を切る」ことを連想させるため、避けるべきです。
  • 櫛(くし): 「苦(く)死(し)」を連想させるため、縁起が悪いとされています。

時計やカレンダー

これらは「時間の経過」や「寿命」を暗示することがあるため、特に長寿祝いには適していないと考えられることがあります。

ハンカチ

日本語の「手巾(てぎれ)」という発音が「手切れ」に通じ、別れを連想させるため避けられることがあります。

靴や履物

「踏みつける」を連想させるため、あまり喜ばれない場合があります。また、特に高齢者にとってはサイズが合わないと困ることもあるため、選ぶのが難しいです。

黒や白のもの

これらの色は弔事を連想させるため、特に祝いの席では避けるべきです。

医療用品

血圧計やサプリメントなど、健康を気遣う気持ちは大切ですが、これらは相手に年齢や健康状態を意識させすぎるため、プレゼントとしては適さないことがあります。

現金

現金は祝い事には無難ではありますが、古希のお祝いには感謝や敬意を込めたものが好まれるため、少し味気ないと感じられることがあります。

どうしてもお金を渡したい場合は、商品券やギフトカードにするなどの工夫が必要です。

高価すぎるもの

あまりに高価なプレゼントは、受け取る側に気を使わせてしまうことがあります。

相手に負担を感じさせない範囲での贈り物が適しています。

香水や強い匂いのあるもの

強い香りのものは好みが分かれるため、相手が好きかどうかわからない場合は避けるのが無難です。

古希祝いに適したプレゼント5選♪

古希のお祝いには、特別なプレゼントを贈ることが一般的です。

以下に、古希祝いに適したプレゼントの例を5つ紹介しますね。

⒈名入れグッズ

特別感を出すために、名前やメッセージを刻んだアイテムは人気です。

例えば、名入れの湯呑みやボールペンなどがあります。

≫楽天で名入れできる湯呑みの贈り物を見てみる
≫楽天で名入れボールペンを見てみる

⒉紫色のアイテム

古希のテーマカラーである紫を取り入れたプレゼントも良いでしょう。

紫色のストールなどが喜ばれます。

≫紫色のストールを見てみる【楽天】

⒊花束

華やかな花束は、特別な日にふさわしい贈り物です。

紫色の花を中心にアレンジすると、古希のテーマにぴったりです。

≫古希のお祝いにおすすめの花束を見てみる【楽天】

⒋旅行

形に残らない贈り物として、旅行をプレゼントするのも良いアイデアです。

思い出に残る特別な体験を贈ることができます。

古希のお祝いプランがセットになっている宿などもありますよ。

≫古希のお祝いプランがある宿を見てみる【楽天トラベル】

⒌グルメギフト

美味しい食べ物や飲み物のギフトも人気です。

高級なお菓子や果物など、普段は手に入らないような特別なものを贈ると喜ばれます。

≫古希のお祝いにおすすめのカタログギフトを見てみる【楽天】

古希のお祝いに贈るプレゼント選びのコツ

古希のお祝いは、相手の70年の人生を祝う特別な機会です。

贈り物を選ぶ際には、相手の好みやライフスタイルを考慮し、縁起やマナーに配慮したものを選ぶことが重要です。

家族や親しい友人であれば、相手が何を喜ぶかをよく知っているはずですので、その情報を基に心のこもったプレゼントを選びましょう。

このように、贈り物の選び方には注意が必要ですが、最も大切なのは相手への感謝と敬意の気持ちを込めることです。それが伝われば、きっと素晴らしい古希のお祝いになるでしょう。

古希のお祝いについてまとめ

古希のお祝いをするかどうかは、70歳を迎える本人や家族の意向を尊重することが最も重要です。

迷信や年寄り扱いを嫌がるなどの理由から祝わない方が良い場合もありますが、本人が喜んでお祝いを受け入れる場合は、心を込めたお祝いをしてあげることが大切です。

どのような形であれ、相手に対する感謝と敬意の気持ちを伝えることが、最も大切なポイントです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次