夫の家庭を壊すまでドラマ結末どうなる?原作ネタバレから最終回を予想!

当ページのリンクには広告が含まれています。
【夫の家庭を壊すまで】ネタバレ最終回予想!原作の結末から考察!

この記事では、ドラマ「夫の家庭を壊すまで」の最終回について、漫画原作の結末から予想&考察しています。

2024年7月8日放送スタートの、松本まりか主演ドラマ「夫の家庭を壊すまで」は、15年もの間妻に隠れて不倫をしていた夫に復讐するリベンジストーリー!

「夫の家庭を壊すまで」は漫画原作があるため、同じストーリー展開を辿るとしたらドラマの最終回もおおよそ予想がついてきます

そこで、今回は以下の内容で「夫の家庭を壊すまで」のネタバレ最終回予想をしていきます!

  • 「夫の家庭を壊すまで」ドラマの最終回予想
  • 「夫の家庭を壊すまで」漫画原作の結末はどうだったのか
ゆず

がっつりネタバレがありますのでご注意ください!

目次

「夫の家庭を壊すまで」のあらすじと登場人物は?

夫の家庭を壊すまでのドラマ最終回予想の前に、あらすじと登場人物の紹介をしますね!

※あらすじと各登場人物の設定はドラマ版のものです。

「夫の家庭を壊すまで」ドラマあらすじ

 “夫がもう1つの家庭を持っていた” 夫は15年にも渡り不倫をしていたのだ。学生からの純愛を貫き結婚、子供にも恵まれ幸せな家族だと思っていた…。離婚だけでは絶対に許せない。夫と不倫女への復讐を決意するサレ妻。復讐計画として、不倫女の息子を利用することに。そして長年に渡る不倫計画がじわじわと暴かれ始める。愛と裏切りの四角関係、それぞれの未来に待つ新たな人生とは…?痛快無比なサレ妻のリベンジが今始まる!

夫の家庭を壊すまで公式サイト
登場人物の名前(俳優名)登場人物のプロフィール
如月みのり
(松本まりか)
主人公。専業主婦。
実の父親は知らず幼少期に母を亡くし、祖父に育てられる。
如月勇大
(竹財輝之助)
みのりの夫。会社員。
実は学生の頃から理子のことが好きで、別の家庭のように通い続けている。
三宅理子
(野波麻帆)
勇大の不倫相手。美容師。
大学時代に勇大とは別の相手との間に男の子(渉)を妊娠、出産。その後勇大と偶然再会し関係を持つ。
三宅渉
(野村康太)
理子の息子。高校3年生。
塾の先生として出会ったみのりに好意を寄せていく。
如月裕美
(麻生祐未)
勇大の母親で、みのりの義母。
翼の面倒を見たり、みのりのサポートをしてくれる優しい義母。
如月翼勇大とみのりの息子。

ドラマと原作では渉の学年が違ったり(原作では高校1年生)、理子が渉を出産したタイミングの違いなど少し設定に変更があるようです。

またドラマ版ではオリジナルキャラクターとして、渉の同級生が登場するそうですよ。

ゆず

細かい設定の違いがストーリーにも影響するのか気になるところですね!

夫の家庭を壊すまでのドラマ結末予想!

「夫の家庭を壊すまで」は原作漫画があり、現在まだ連載中となっています。

原作では30話でシーズン1として区切りがついているため、ドラマではシーズン1の内容が放送されると思われます。

ドラマも原作通りの結末になるとしたら、最終回は以下のようになると予想しました!

ここからネタバレがありますのでご注意ください。

ドラマ結末についてのポイントはこちら!
  • 勇大がみのりと結婚した理由には裏があった。
  • みのりの復讐は果たされるのか。
  • 登場人物それぞれの結末は?
ゆず

それでは見ていきましょう!

夫の家庭を壊すまでのドラマ結末予想

協力的で優しく見えた義母は、実はみのりの財産が目当てだった!
義母は勇大にみのりと結婚するように指示。理子とも繋がっていた。
勇大はみのりに復讐を果たされ離婚。社会的制裁を受けて荒んだ生活を送ることになる。

ゆず

なんと黒幕は義母だったんですね…!

原作の通りのストーリーを辿るなら、諸悪の根源である義母と勇大にスカッと復讐を果たし、みのりと翼は新しい生活をスタートさせることになります。

みのりの結末はどうなる?

義母と勇大に復讐を果たしたみのりは、翼と共に新しい土地へ移りカフェ経営を始める。

復讐を果たしたみのりは勇大との離婚後、新しい土地で古民家カフェを開き、息子の翼と共に穏やかな生活を送ります。

ゆず

結局、渉とは離れて新しい生活を始めるみのり。原作ではその後も描かれますがドラマ最終回ではここで終わると予想します。

勇大の結末はどうなる?

みのりと離婚し、理子にも別れを告げられた勇大は、1人荒んだ生活を送ることになる。

漫画原作ではその後もみのりに接触してきますが…、ドラマでは転落人生を送ってスカッと終わると予想します。

ゆず

悪い奴には天罰が下るのだ!

理子の結末はどうなる?

渉に「勇大と自分どちらを選ぶか」迫られた理子は渉を選び勇大と別れ、生まれてくる子供と渉と共に新しい生活を始める。

原作でも理子は、そこまで憎めない存在なんですよね…。最後は勇大ではなく渉を選びます。

ゆず

不倫していたことは許されないですが、理子もある意味犠牲者だったのかも…。

渉の結末はどうなる?

渉はみのりに惹かれていたが、みのりは何も伝えず新しい土地へ離れてしまう。
生まれてくる妹のために理子を支えていこうと決心する。

まだ高校生の渉は結局みのりとくっつくことはありませんでした。

ゆず

ドラマでも同じ結末になると予想されますが、まさかの2人が恋人になるパターンもありうるかも…?

「夫の家庭を壊すまで」漫画原作の結末は?

夫の家庭を壊すまでの漫画原作は、現在まだ連載中で完結していません。

一応シーズン1として30話で復讐を果たす形で区切りがつき、シーズン2としてみのりのその後の生活が描かれています。

以下、漫画原作の「夫の家庭を壊すまで」ネタバレを紹介しますね。

夫の家庭を壊すまで原作ネタバレ(シーズン1)

高校時代に付き合い始めた勇大と結婚したみのり。息子の翼と共に親子3人幸せな生活を送っていた…はずだった。

ある日偶然、みのりは勇大の携帯を見てしまい夫の浮気を疑うことに。

尾行した先で見たのはまるで本当の家族のように振る舞う、夫と不倫相手とその子供(渉)の姿だった。

15年もの間不倫を続けていた夫に対し復讐を誓うみのり。

みのりは、理子の息子が通う塾のチューターとしてアルバイトを始め、渉と接触する。

ゆず

夫とその不倫相手への復讐劇としてストーリーが進む…と思いきや、衝撃の事実が発覚することになります。

父親がわからないまま幼い頃に母を亡くし、祖父に育てられたみのりでしたが、実は父親が資産家でみのりに多額の財産が振り込まれていました。

みのりの義母は、みのりの父親の家で家政婦として働いていたことからその事実を知り、財産を奪う計画を立てていたのです。

つまり、勇大がみのりと結婚したのも義母の指示があってのことで、すべては仕組まれたものだったのです…!

育児に協力的ではない勇大はそもそも理子のことが好きだったから…。

翼を預かってくれたりと協力的だった義母は、裏で計画のために善人を装っていた…。

ゆず

そして、本当に罰せられるべき相手には、最後スカッと復讐が果たされることになります!

理子の息子である渉はみのりのことが好きになってしまい…、そしてみのりも渉に惹かれ始めますが、渉は高校生でしかも夫の不倫相手の子供…。

結局シーズン1では2人は深い関係にはならず、それぞれ別の生活を始めることになります。

夫の家庭を壊すまで原作の続きはどうなる?

夫の家庭を壊すまでの原作は、31話からシーズン2として現在連載中です。

シーズン2ではカフェを経営しながら息子と暮らすみのりと、新たにお見合いで出会う男性、そして偶然再会する渉とのストーリーが描かれています。

シーズン1から数年後のストーリーで、高校生だった渉は教師になり、みのりの息子の通う学校に赴任してきます。

ゆず

シーズン2では、みのりとお見合い相手、そして渉との三角関係が描かれそうです!

まとめ

この記事では、ドラマ『夫の家庭を壊すまで』のドラマ最終回予想と原作漫画の結末について紹介しました。

ドラマでは、復讐を果たしたみのりが新たな生活を始めるストーリーまでが描かれると予想されます!

原作漫画はまだ完結しておらず、シーズン2で新たな展開が続いています。

興味のある方はぜひ原作漫画も読んでみてくださいね♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

目次